読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事や色々な悩みを解決し隊

集中出来ないやる気が出ない!最近身体の調子が悪い!日々発生する色々な悩み解決方を考えていく


お金が貯まる習慣術 これをすればお金が貯まる

ビジネス・知識 ビジネス・知識-お金・投資

お金を貯める

普段使う財布を長財布にするか、二つ折り・三つ折などの折りたたみ財布を選ぶか。「どっちでも好みで選べばいいんじゃないか」と思った方は多いのではないでしょうか。そう、どちらを選ぼうと、財布の長短でお金の貯まり方が変わるはずもありません。

 

成功者は長財布を使っている人が多い

しかし、です。知り合いの成功者の多くは長財布を使っていました。お金持ちは長財布。この傾向が強いのはたしかです。では、なぜ、成功者は長財布を使うのか。これには明確な理由があります。

その人が「お金をどう扱っているのか」ということが、財布の選び方に現れるからです。

お金は一生懸命働いたことで得られる大切なもの。昔から「1円を笑うものは、1円に泣く」と言われますが、それぐらい丁寧に扱うべきもの。成功者はお金の大切さをよく理解している。だからこそ、折らずにお金にとって居心地の良い環境である長財布を使うわけです。

財布はお金にとって、自分の家。人が住みやすく心地いい家を選び、好むのと同じでお金にも心地いい環境を与えてあげることが大事です。

折った状態で窮屈に過ごさせるのではなく、手足を伸ばした状態で綺麗なまま休ませてあげる。こういった細かなことまで意識することで、あなたのお金への姿勢がいい方向に変化してくるでしょう。

 

お金は大事にしてくれる人のところに集まってくる

長財布

男性が折りたたみ財布を選ぶ理由。お尻のポケットに入れることで、手ぶらになりたいからではないでしょうか?コンビニエンスストアやタバコを買いに行く時、たしかにこの方が楽です。ですが、お尻に敷かれた財布は圧力をかけられ痛み易いですし、可哀想になりませんか?

レシートやポイントカードでパンパンに膨らんだ財布を見かけますか、これもやめたほうがいいでしょう。人が物やゴミだらけの部屋に住みたくないのと同じ様に、これではお金か可哀想になってきます。

お札は長財布に入れて、左の胸にしまう。自分の一番大事な心臓の近くに財布を置いておくこと。それがお金を大事に扱うという意識を高めてくれます。レシートやカード類は必要なものだけになるように整理し、常に清潔にしておくべきです。 

 

財布は高価な物を買う必要はない

高価な財布を買う必要はありません。安価なものでもいいし、大切な人からプレセントしてもらったものでも構いません。とにかく大事に、大事に扱う。

私の財布は5年ほど前に購入したものですが、これを今でも大切に使っています。決して高価なものではありません。財布を大切に扱ってきてわかったことは、お金も大切に扱うようになり、ムタ使いも減るという事。

大好きなお金。だからこそ、本当に必要なものがあるとき以外はお金を出来るだけ財布から出したくなくなるのが心理。お金は大切に扱えば扱うほど貯まっていくでしょう。

 

 

お金はコンビニでおろすべき?銀行でおろすほうがいい?

多くの人が「近くにあるならもちろん銀行」と思ったのではないでしょうか。

この質問を知り合いに投げかけて見たところ、こう返ってきました。「コンビニに行くと、ついついほかの買い物もしてしまうから節約できない」コンビニが銀行のATMを設置している最大の理由は、引き落としのついでにコンビニの商品を買ってもらう為です。

公共料金の支払いの目的やお金を下ろそうとコンビニに来た際、ついでにお茶などを買ってもらう。ATMを呼び水にした集客こそが、コンビニの根本的な狙い。皆さんもついつい、ATMでお金を下ろすためにコンビニに立ち寄った際、何か購入してしまっていませんか?心当たりがある人は多いと思います。

家計簿をつけてみればよくわかりますが、意外にもコンビニで使うお金が多いことに驚くはず。 お金をおろすついでにいろいろ買い物をしてしまう、この恐ろしい行動。

コンビニのPB(プライベートブランド)は安価で良質な物も多いですし、中にはコンビニだけで月に何万ものお金を使っている人も多いのではないでしょうか。

 

銀行は何故コンビニにATMを設置してもらう事になったのか

先ほどはコンビニがATMを置く理由を説明しましたが、一方で銀行がコンビニにATMを設置している理由、知っている方はいるでしょうか?あなたはお金を何時におろしますか?

日中お仕事をされている方であれば、銀行の窓口や銀行のATMコーナーが終了した時間以降にコンビニのATMを利用することが多いのではないでしょうか。

また、土曜日や日曜日、デートや遊びに出かける前にお金をおろしていないでしょうか?お金をおろしたいと思う平日の夜や週末は、銀行は「業務時間外」これが大事な理由となっています。 

 

ATMの手数料で稼ぐ銀行

時間外にお金をおろそうとすると、銀行は「手数料」を取ります。そう、銀行は自分達が何もしなくて休んでいても、いつでも手数料という名目の収入を得る仕組みを作っているわけです。これがコンビニにATMを設置しはじめた理由。

たった105円、別にたいしたことないでしょ?と思うかもしれません。たった105円の手数料ですが、月に2回も引き落とせば1050円。年間にすると、1万2600円。こうして数字にしてみると結構大きい金額です。手数料を210円取るところも多くありますが、回数を重ねるとバカになりません。

 

結局、結論としては銀行でおろすのが正解なのか

「え?そんなの銀行でおろすのが正解に決まってるじゃないか」と思ったのではないでしょうか。いいえ、違います。コンビニでおろそうが、銀行でおろそうが、お金を貯めることに無計画な人は いずれにしろアウト。

コンビニでおろすことの最大の問題は、ついで買いでも、手数料でもありません。「無計画」なこと。

あなたがコンビニでお金をおろすときのことを思い出してみてください。どんな時におろしますか?そう「お金が必要な時」です。「お金は必要なときにおろす」ではいけません。

毎月いくらお金をどの様に使うかいくらの予算で生活するかを決め、あらかじめ必要が金額を具体的に、計画的に管理する必要があります。「今月はいくらで生活する」と決める。計画性を持ってお金を使う、お金をおろすことでお金は貯まっていくでしょう。