読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事や色々な悩みを解決し隊

集中出来ないやる気が出ない!最近身体の調子が悪い!日々発生する色々な悩み解決方を考えていく


自分の好きなことを選択してやれる人のスケジュール術

ビジネス・知識

選択の分かれ道

今後の事で心の中がモヤモヤとしているときは、あらためて今後のスケジュールを組み立てなおしてみる事をお勧めします。

多忙を極める仕事人間の人達は 「スケジュール帳?あるけど、予定が詰まりすぎていて見ただけで気が重くなるよ…」と思う人もいるかもしれませんが、ここで提案したいのは、仕事の約束をただ書きこんだだけの日程表の事ではありません。

 

まずは本当にやりたいことを整理する

自分がやりたいことを整理し、本心から実行したいと願うスケジュールをたて、わかりやすく表にしてみましょう!と言う事。ただし「よし!やるか!」と腕まくりをしてビッッシリと予定を入れすぎない。

30分刻みや1時間刻みで全て埋まるぐらいに予定を書き込んだりすると、それはそれは充実した毎日になりそうな気がするかもしれません…が結局は自分自身を自分で立てた予定で縛るハメになってしまいます。

これでは「次はこれをやって、その次はあれをやって…」と、いつも時間に追いたてられる心境になるでしょう。結構これは辛いです。そしてその詰め込んだ予定をこなせないと、充実感どころか自分自身への失望や自信の喪失を味わう事になるでしょう。

自分で自分を「出来ないヤツ」に仕立て上げ、余計に気分を落ちこませるような悪循環に陥らない様、注意が必要です。

 

時間に追われる毎日は、精神的なゆとりも奪ってしまう

自分自身が無理なく実行できると思われるスケジュールをたて、大切にしたいプライベートの予定はあらかじめ組みこんでおきましょう。頭の中が整理でき、スケジュールをこなしていくことで、充実感や達成感も得られます。

注意すべきはスケジュール表に思いついたまま書きこんで終わりとしないことです。
かならず全体に目をやり、厳しすぎないか、苦しくならないかを検討します。こなす自信がなかったら、思いきってあけられるところを空白にし、調整することです。

スケジュールを立てる際は必ず「空白の時間」を残すこと。どんなに多忙でも自分を取り戻す時間を生み出す工夫をしましょう。

 

義理の付き合い。それを全て大事にするべきか否か

スケジュールを立てる際に頭を悩ませるタネ。義理の付き合いです。職場の飲み会や身内・親戚との付き合い。あなたも無言の圧力を感じ、気が進まないながらも重い腰を上げて参加している行事が一つや二つ、あるのではないでしょうか?

もちろん、 そうした付き合いす全てが必要ないということではありません。社会生活を営むうえで個々人は自分のなすべき役割を果たし、他の人と関係を結び共存していくもの。考えなければならないのは、「自分にとって本当にこの付き合いは意味があるのか?」どうか否かです。

 

付き合いではじめた事が目的とかけ離れてきた時、どうするか

たとえば、近所の主婦仲間で始めた地域清掃などのボランティア活動は、生きがいになる一方時として大きな負担にもなりえます。活動にやりがいを感じ続けられるなら迷う事はありません。ですが、これが段々とボランティア活動中心から主婦の井戸端会議や集まっての食事がメインになってきたりすることもあります。

そんな時「最初の目的とは大きくかけ離れてきたし…続ける意味が見出せなくなったきた」と感じているなら思い切ってやめてしまう事も選択肢にいれるべきです。いきなり「私、もう次から来ませんので」なんて言い方をしたら角が立ってしまいます。すこーしづつ距離を置いたり、皆が納得出来るような理由を考える&作る、同じ様にやめたいと感じている人を探して一緒に離れていく、など。

波風をあまり立てない様にすれば意外と問題なくやめられるのではないでしょうか。
もちろん、その行為自体を非難しているわけではなく、その行為に対してどれだけ価値を見い出せるかどうかは人それぞれですので。

「義理に欠ける」という批判を恐れるよりも本当に大切なこと。やりたいこと、今やるべき事を見極めてそれ以外からは手を引いたほうがストレスや不安から開放され楽しく毎日を過ごせるのではないでしょうか。

 

やりたいことに優先順位をきちんとつける

優先順位

これから作成するスケジュール表を前にして「さて、やりたい事って?」と考えていと、あれもやりたい、これもやりたいなぁと数多くのことが頭に浮かんでくる事があります。

「英会話を習ってみようか」

「前から行きたかったあの店に予約をして食事してみるか」

「最近鈍っているし健康の為ににジム通いをはじめるか」

これまでなんとなくやりたいなーと考えていたことが現実味を帯びてきたように思えてくるはずです。そんなときは優先順位を考えて、もっともやりたいこと、大切な意味のあることからスケジュールに組み込んでいくわけですが、 そこでも迷いか生じるでしょう。

「本当に俺って決断力が無いな…」「本当にやりたいことが見つかっていないから予定が決まらないんだ」と悲観することはありません。生涯の趣味といえるものを持って楽しそうに暮らしている人でも、最初から「これだ!!!」と確信していた人はごく少数派。迷ったときは、考えていても進まないので「とりあえずどれかに決めて動きはじめる」と言うのは決断力のある人でも珍しい事ではありません。

とにかく悩んだ時は何かを選択してはじめてみましょう。サイコロでもいいしあみだクジでもいいし何に頼ってもいいので決めてしまう。何かをはじめてこそ道は開けるでしょう。

 

スケジュールに関する関連記事